川越でインプラント 治療をするなら最新CTを備えた川越インプラントセンターにお任せください。SimPlant(シンプラント)のご案内。治療費、料金等ご相談受付中。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

SimPlant(シンプラント)

より安全で信頼性の高いSimPlant(シンプラント)

インプラント治療を安全に行うためには事前の検査をどれだけ徹底して行うかにかかってきます。
事前検査ではCT等を活用し顎骨の正確な状態を把握ことが重要です。

より安全で信頼性の高いSimPlant(シンプラント)

SimPlantとは、3Dコンピューターシミュレーションシステムのことで、インプラント手術のシュミレーションを行うためのソフトです。
従来のレントゲンのみで診断する平面画像では、内部の骨の状態を正確に把握することが困難でした。
シュミレーションでは、歯科用CTで撮影した画像を処理し、レントゲン画像では分からなかった骨の形や量などを把握でき、正確な診断が可能となります。
また、3D画像は患者様が見ても比較的わかりやすいので、治療の説明もより理解していただけ、充分に納得した上で、手術を受けていただくことができます。

インプラント治療では、顎の骨が薄い、細いなどの場合には術前により詳しく、顎の状態を調べておくことが非常に大切です。
歯科用CTでは、従来のレントゲン画像より、より鮮明に歪みがなく撮影できますが、平面上でしか顎の状態を捉えることができないので、実際にインプラント手術を行なうと、
術前に想像していた状態とは、顎の幅や厚みが異なる場合があり、術前に計画したとおりのサイズのインプラントを埋入することができない事があります。

そのためインプラントの手術時間が長くなったり、さらに予想外の別の処置が増えたり、さらには治療計画そのものを変更せざるを得ない場合もあり、患者様に一層の負担をかける事があります。
そこで、インプラントの術前診査において、CT撮影(断層撮影)を行い、そのデータを再構成した3D画像(立体画像)により、コンピューターの画面上でインプラント埋入シュミレーションを行なうことが重要です。
特にインプラント治療において重要な下歯槽管神経(下顎管)やオトガイ孔(下歯槽管神経の出口)、さらには上顎洞までの距離を正確に把握できますので、今まで以上に、患者様により安全で確実なインプラント治療を行なうことができます。

サージカルステント/サージカルガイド

サージカルステント/サージカルガイド

インプラントを埋め込むためには、ドリルで顎の骨に穴を開ける必要があります。サージカルステントとは、インプラントを埋め込む位置を確認するために使われる透明樹脂の型です。サージカルガイドとはドリルを適切な位置に導くためのインプラント手術支援用のガイドです。

サージカルで、CT撮影した患者様の顎の骨の3次元データをもとに、SimPlantRを用いて最適な埋め込み位置をシミュレーションし、高い精度のサージカルガイドを製作します。

これにより、安心・安全なインプラント治療を実現します。

シンプラント使用による手術までの流れ

STEP1CTスキャン撮影
CTを撮影します。 CTを撮影します。
STEP2コンピューターで画像処理
CTデータを基に、神経や歯根の位置を確認します。 また、立体画像を作成して検討したり、骨の硬さを調べたりします。 コンピューターで画像処理
STEP3治療計画の説明
SimPlantのデータに基づき患者様に治療の流れをシュミレーションします。 使用するインプラントの選択や、埋入の位置や角度など、精密な手術計画を立てます。 インプラント治療では、このように治療前に、必要な情報を収集し、綿密な治療計画を立てることが重要です。 治療計画の説明
STEP4手術用ドリルガイド(サージガイド)作成
シミュレーションした計画通りに手術を実行するための手術用ドリルガイド(サージガイド)が作製されます。骨支持を行う症例の場合、患者様の骨とそっくりのモデルを用意して、歯科医師がリハーサルを行うことも可能です。 手術用ドリルガイド(サージガイド)作成
STEP5仮歯の作製
口内の型と手術後の型のシミュレーションによって、仮歯を作製します。 仮歯の作製
ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
診療時間
川越インプラントセンター外観

TOPへ戻る