川越でインプラント治療をするなら最新CTを備えた川越インプラント情報サイトで。川越駅近くのまつむら歯科クリニック監修、分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

インプラントについて

インプラントは自分の歯に最も近い治療法

インプラントは自分の歯に最も近い治療法

歯科でのインプラント治療といえば、 一般的には人工歯根治療のことを言います。 歯が抜けた時、代わりに自分の歯に近い人工の歯を"植立"することで、 より自然に近い、美しい"自分の歯"を取り戻して、 食事もおいしくいただくことができます。
少し前まで主流だった「入れ歯」や「ブリッジ」、「差し歯」は どうしても噛む力が劣ってしまいました。 でも、インプラントは違います。 高齢化社会を迎える現代、またより歯の美しさが追求されるいま、 まさに主役ともいえる治療法として、多くの患者さんの注目を集めています。

インプラントの利点

インプラントの利点

これがインプラントの優れた点です!入れ歯や部分入れ歯とはまったく違う、自分の歯に最も近い感覚です。


  • 見た目がきれいです。
  • 周りの歯を傷つけません。
  • 噛み心地は自分の歯とほぼ同じです。
  • 人工の歯が骨と結合し、違和感がありません。
  • インプラントの種類により、手術が1回の場合と2回の場合がありますが、回復がとても早いです。

当院が使用するAQBインプラントについて

当院が使用するAQBインプラントについて

当院では優れた特徴をもった国産メーカーのAQBインプラントを使用しています。
AQBインプラントは、体に害のない純チタン材に、ハイドロキシアパタイトという 骨の成分の一つで骨と直接結合する材料を、再結晶化して表面にコーティングしてあります。 インプラントにはさまざまな種類のものがありますが、AQBインプラントは、噛めるまでに2~3ヶ月程度と、健康な歯に回復するまでの期間がとても早いことも特徴です。

最新の歯科用CTで安全なインプラント

川越インプラントセンターは、川越エリアにおいて他の歯科医院に先駆けて最新のCTを導入いたしました。

最新の歯科用CTで安全なインプラント

インプラントの安全のためには、あなたの歯の検査だけでなくインプラント体を埋め込む土台となる顎の骨の状態を立体的に把握することが重要です。 インプラントの成功率は向上には、医師の手術の技術も重要ですが、それ以前に検査・診断の正確性が最も重要な鍵をにぎっています。 当インプラントセンターでは、最新のCTレントゲン装置を導入し、歯をささえている骨の状態や、詰め物、被せもの、歯根の部分などの状態を的確に把握することができます。これによりインプラント手術の成功率を高めより安全なインプラントを行なうことができます。 当センターではこのホームページをご覧になった方限定で、インプラントCT無料相談を行なっていますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

インプラント治療で注意すべき持病について

インプラント治療は、基本的にどなたでも受けることができますが、深刻な持病をお持ちの場合は、その他の治療法が第一選択となることも珍しくありません。

実際、川越のインプラント歯科でも全身疾患や健康状態によっては、インプラント治療ではなく、入れ歯やブリッジといった補綴治療をおすすめすることもあります。

そこで今回は、インプラント治療を検討する上で注意すべき全身の病気、持病についてわかりやすく解説します。

適切なメソッドで手術を行えば、トラブルが生じるような事はないのです。

既往歴とは、患者さんが今までの一生で如何なる病に罹ってきたかという事を解釈します。

特に、過去にがんを発病して、放射線治療を受けた事がある事例は、用心が必須です。

ただ、そうした事故やトラブルを起こさないためには、前もっての所見なり、患者さん自分の申告が必須となってきます。

実のところ、川越のインプラント歯科では、患者さんの申告漏れがないよう、きめ細やかにヒアリングを行っているかと考えます。

ですので、こういった患者さんにそれに対しも、川越のインプラント歯科では、前もってに徹底した検査を行っている事と考えます。

インプラント治療が成功するか如何にかは、患者さんの顎の骨の様子が良くなければなりません。

▽骨粗鬆症の患者さんも要注意

顎の骨が脆くなっているという点では、骨粗鬆症の患者さんも用心が不可欠になってきます。

言うまでもなく、既往歴だけではなく、現在直近で罹っている病に関しても、残らず一通り深刻しましょう。

川越のインプラント歯科でも、そうした患者さんにそれに対しは、前もってに徹底した検査を行うなどして、万全を期した上で、インプラント治療を行うか如何にかを判断します。

なぜ、昔罹った病の事まで深刻しなければならないかと言うと、その病の種類によっては、インプラント治療が行えないケースもあるのです。

インプラントは、普通に安心な歯科治療です。

こういった方は、顎の骨が脆くなってしまっている見込みがあるのです。

そこまでしても、もしもという事がありますので、インプラント歯科に行く前に、患者さん自分が今までの病の経験について、ノートに整理ておく事をお勧めします。

▽現在までどういった病にかかってきたかを伝える

川越のインプラント歯科に限定しずとも、どのクリニックでも、治療をとりかかる前には、患者さんの既往歴を聞くかと考えます。

もしも、骨粗鬆症によって、顎の骨の密度が下がっていたりすると、顎にインプラントを埋め込む事ができません。

川越のインプラント歯科では、心配無用確かにインプラント治療を行っているところがそんなにであるため、大きな事故等も起こっていません。

そうした解釈から、患者さんが既往歴や現病歴について自己申告する事は、とても大切な事なのです。

子どもはインプラント治療が受けられない?

インプラント治療というのは、成人が受ける補綴治療であるため、発育途上にあるお子さまは対象外となります。

発育期にチタン製の人工歯根を埋め込んでしまうと、その周囲の組織にさまざまな悪影響を及ぼすことがあるからです。

あるいは、発育の邪魔をする事さえもあるかもしれません。

そこで今回は、川越のインプラント歯科で行っているインプラント治療が適応できないケースなどを中心にわかりやすく解説します。

他の歯との強調が取れなくなり、かえって障害な影響となる事もあります。

川越のインプラント歯科では、その期間中の注意すべきポイントなども綿密に忠告してくれるかと考えます。

分娩してしまえば、インプラント治療もできるとなるため、それまで歯が抜けたところを健康にキープする不可欠があるのです。

なお、術前と術後には、何個かの薬を飲む事にもなり、こちらも他にも、胎児への影響を悩ましいしなければならなくなります。

その実、妊婦さんに関しても、インプラント治療を受けるのは手を焼くと言えます。

おそらく、川越の歯科でもそうですが、インプラント治療をお子様に施す事はそんなにないと言えます。

では、どのような年代の人でも、あるいは如何にいった状況にある人でも、インプラント治療を受ける事は可能なのでしょうか。

ですので、懐妊されている方のインプラント治療は、普通に川越の歯科でも避けているものと思われます。

これは、お子様の体がまだ発育途中にあるからです。

全国的にも、インプラント治療を受けた事のある人は増加し続けている事でしょう。

それ故、分娩が終わるまでは、歯が抜けたところに仮の歯を入れておいたりするなどの処置を施す事となるでしょう。

こういった事から、川越の歯科でも、インプラントをお子様に埋め込む事は真っ先にしないのです。

川越のインプラント歯科でも、妊婦さんに反対に、治療を施す事は最初にないのではないでしょうか。

インプラント治療では、外科的な手術を伴います。

▽こどもはインプラント治療を受ける事が可能なの?

例を挙げると、お子様が歯を失った事例に、インプラント治療を選択の余地のひとつとして考慮する事ができるなのでしょうか。

発育途中であるにも関わらず、顎の骨にインプラントを埋め込んでしまうと、あとあと瑕疵が生じてきます。

インプラント治療が一般化して、川越のインプラント歯科でも数多くの人がこの治療法を受けた事と考えます。

▽妊婦さんが歯を失ったらどうすべきか

では第二に、妊婦さんが歯を失った時の事を腹積もりてみましょう。

その場合、出血する事もありますし、ケースによっては、容態が悪くなり、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす事もあるのです。

それ以外の歯が生えてきたり、顎の形が進化に伴って移り変わりしたら、インプラントは如何になってしまうでしょうか。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
火水金 9:00~13:00 15:00~19:00
月木土日 9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日 9:00~13:00
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る