川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

川越インプラントセンター長のブログ

総入れ歯からインプラントへ移行するメリットとは

総入れ歯というのは、すべての歯を失ってしまって無歯顎になった症例に適用される症例で、川越のインプラント歯科にもそうしたお口の状態の患者さんは多数ご来院いただいており、その際、推奨されるのがインプラント治療への移行ですね。

インプラント治療というと、1本の喪失歯に対して1本のインプラント体を埋める治療というイメージが川越でも広く普及しているため、無歯顎の患者さんが川越のインプラント歯科でインプラント治療を受けるとなると、ものすごく多くの人工歯根の埋入が必要になるように思えます。

けれども、実際はそうではなくて、すべての歯を失った無歯顎症例であっても、例えば上下で28本のインプラント体を埋入しなければならないというわけではなく、昨今の川越のインプラント歯科では、主流となっているオールオン4という術式を採用することが多いといえます。

川越のインプラント歯科でも、このオールオンフォーを実施しているクリニックは多々あるかと考えます。

こうした総入れ歯を作ってくれと、川越のインプラント歯科に頼みに来る患者さんもいらっしゃいます。

そういう形で、特に迷わず総入れ歯をお願いして、川越のインプラント歯科を訪れる方も少なくはないのです。

元々ある歯に引っかけたりするだけのものですから、安定感がないのももちろんですね。

総入れ歯というのは、上の歯も下の歯も全部人工歯で作られたパーフェクトな入れ歯です。

つまり、4つの歯根でもって、総入れ歯を固定とするのがオールオンフォーです。

ともあれ、一通りの歯を失ったケースには、真っ先に、総入れ歯と呼ばれる補綴治療が考慮しられるかと考えます。

虫歯や歯周病などで、次第に歯は失われていきます。

そうした質問や心もとないは、川越のインプラント歯科でもよく寄せられるものです。

これは、総ての歯を失った患者さんにそれに対し行われるインプラント治療です。

その一方で、言うまでもなく80歳になっても20本以上の歯が残っているご老人もいろいろいらっしゃいます。

ただ、総ての歯を失った事例でも、本当はインプラント治療ができるなのです。

ですから、いざオールオンフォーで治療をしてみると、その異なる点に驚かれるかと考えます。

ただ、総入れ歯の事例を心積もりてみましょう。

▽「オールオンフォー」という治療法

近頃、川越のインプラント歯科に限定しず、全国的にも行われるようになっているのが「オールオンフォー」と呼ばれる治療法です。

理由を言えば、オールオンフォーであれば、キッチリとした土台の上に入れ歯を装着する事が可能なため、普通の総入れ歯とは装着感などが大きく異なるのです。

一通りの歯を失ったわけですから、最早、入れ歯を入れる他ないように思えますので、少々の悪いところも目を瞑るべきなのかもしれません。

ですから、川越のインプラント歯科にも、そうした一通りの歯を失った患者さんが来院される事も滅多にはないのです。

老齢になると、全部の歯を失っている方も滅多にはないのです。

▽総入れ歯が最も良い治療法なのか

そこで引っかかるのが、総入れ歯の悪い面です。

具体的には、顎の骨に4本のインプラント体を埋め込んで、その上に、総入れ歯の形をした装置をはめ込みます。

もちろんの事ながら、入れ歯というのは、歯根がないのです。

たった4つの人工歯根だけで、実際に支えられるのか心もとないでもありますよね。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
診療時間
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る

最近の記事
ブログアーカイブ

川越インプラントセンター長のブログ