川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

川越インプラントセンター長のブログ

インプラントと差し歯は根本的に異なる補綴治療

インプラント治療は川越のインプラント歯科で受けられる歯科治療の一種ですが、その他の治療とどのような違いがあるのか知りたいという患者さんはたくさんいらっしゃいますし、とくに似たような歯科治療に差し歯というものがありますよね。

差し歯はクラウンとも呼ばれる補綴治療で、見た目上は川越のインプラント歯科治療とうりふたつかもしれませんが実際はかなり異なりますので、混同してはいけないということを川越のインプラント歯科の歯医者は教えてくれることかと思います。

そもそもクラウンや差し歯と呼ばれる歯科治療には、天然の歯質が残っていますし、そこに差し込む、あるいは被せるという意味から差し歯という名前がついているわけで、川越のインプラント治療とは成り立ちから適応症まで大きく異なるのです。

▽歯がなくなってしまったら差し歯治療は行えない

もちろんの事ながら、虫歯が悪化して、歯根さえもなくなってしまったら、差し歯を被せる事はできません。

そうした場合では、川越のインプラント歯科でも、差し歯ではなく、ブリッジや入れ歯、それからインプラント治療を勧めるようにしている事でしょう。

これら3つの治療法は、歯がなくなったステータスでも適用できるなものと言えます。

これはインプラントの性能性等を心積もりた上での意思決定と言えるでしょう。

歯の頭のところである歯冠がそんなになくなっている状況だと、差し歯を被せる事となります。

▽差し歯は天然の歯に被せるもの

真っ先に第一に、差し歯をはめる位置には、天然の歯が影響しています。

また、また虫歯が悪化して、歯の根っこのところさえ残す事が出来なくなったときに、インプラント治療が適用となるのです。

その点に関しては、患者さん各々の長所観が関わってくる問題ですので、お願いする方は真っ先に、川越のインプラント歯科に話し合いしてみてはどうでしょうか。

特にインプラントは、歯を失った後に、天然の歯に近い人工歯根と人工歯を装着する事が可能なので、川越のインプラント歯科でもふんだんにの患者さんが治療を受けているのが現況です。

川越の歯科でもそうですが、よく患者さんの中には、インプラントと差し歯を混同している方がいらっしゃいます。

ですからケースによっては、歯を残せる状況であったとしても、わざわざ抜歯をしてインプラントを埋め込む事もあります。

▽差し歯は大きな虫歯に適用される

治療法川越の歯科で差し歯を被せる時というのは、虫歯がかなり進行した患者さんに反対にです。

おっしゃる通り、どっちも同じような形をしていますし、一見すると両者の差異がわかりませんよね。

ですので、そういう時では、川越のインプラント歯科でも抜歯を行った後に、インプラントを埋め込む治療に取りかかる事となります。

おそらく、有利な助言をしてくれる事かと考えます。

では、差し歯というのは、如何にいった状況のときに適用される治療法なのでしょうか。

ですから川越の歯科でも、インプラントと差し歯の2つを治療の選択の余地として提示する事はないのです。

理由を言えば、インプラントを埋め込む事例は、そこに天然の歯が影響してはいけないからです。

けれども、インプラントと差し歯というのは、根本的な相違のあるです。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
診療時間
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る

最近の記事
ブログアーカイブ

川越インプラントセンター長のブログ