川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

川越インプラントセンター長のブログ

インプラント治療に関係する顎骨の状態とは

インプラント治療を実施する上で、顎の骨の状態を診ることは非常に重要で、川越のインプラント歯科でもカウンセリングの段階でその点を患者さまに詳しく説明しているでしょうし、事前の検査ではCTも活用して顎骨の状態を精査することは間違いありません。

顎骨の状態の精査というのは、具体的に顎の幅や深さなどを測るだけでなく、骨密度もしっかり調べることで、川越のインプラント治療を施せるかどうかを判断しますので、CT検査は欠かすことのできない画像診断といえるでしょう。

ただ、川越のインプラント歯科がすべて歯科用CTを完備しているかというと、そういうわけでもなく、インプラント治療に力を入れている歯科に限られるかもしれませんが、ただ、本格的にインプラントオペなどを実施しているのであれば、CTのデータを用いたシミュレーションも必要になりますので、多くの場合、CTを取り入れていることでしょう。

▽不足している骨に処置を加える

上の顎の骨が不足している時、「上顎洞挙上術」と呼ばれる処置が施される事があります。

当然、こういった治療法が適用可能なかは、患者さんのお口の様子によります。

▽インプラント治療で必須な着目点

川越の歯科では、たくさんな場合の患者さんにそれに対し、インプラント治療を施しています。

これは、デフォルトインプラント体を埋め込むと、上顎洞という口腔の上にある空洞に、インプラント体が突き抜けてしまう時で適用されます。

その具体的な技術については、川越のインプラント歯科に質問てみてください。

インプラント体が突き抜けてしまうという事は、骨の深さが足りないという事です。

ですので、川越の歯科でもこの上顎洞挙上術を行う場合には、この深さを補うために、患者さん自分の骨を移植する事があるのです。

そうして骨が増殖していくのを待ち、十分な深さが確保されたら問題が落着されます。

その場合、川越の中でもインプラント治療の実績な豊富なクリニックを探すようにしましょう。

川越のインプラント歯科でも、治療方針を判断する上では、この点を大切視しているはずです。

上顎洞挙上術以外にも、多様な決着法を教授してくれるはずです。

その場合必須となるのが顎の骨の状況です。

大事なのは、骨の密度が低かったり、奥行きや深さが足りないというだけで、インプラント手術を選択の余地から外さない事です。

不足している骨は、諸々なメソッドで補う事ができます。

そして、それ以外の場合でも、骨の密度や奥行きなどが足りない事例に、患者さんの骨を移植するなどして、そうした問題を解決していきます。

川越のインプラント歯科でも、上顎洞挙上術といったスペシャルな処置を施せるか如何にかは、注意深いに見極めていく事でしょう。

それはケースバイケースといえます。

実績が豊富なクリニックは、それだけ知識の深い歯科医者が所属しているものです。

顎の骨が健康で十分な厚さもあれば、問題なくインプラントを埋め込む事が可能な事でしょう。

ですから、インプラント治療を開始するにあたっては、レントゲンやCTなどを用いて、顎の骨の様子を見るのです。

では例を挙げると、顎の骨の量や厚さが不足している事例は、インプラント治療を施す事が無理なのでしょうか。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
診療時間
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る

最近の記事
ブログアーカイブ

川越インプラントセンター長のブログ