川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

川越インプラントセンター長のブログ

インプラント治療で誰もが不安に思うポイント

歯科治療を川越のインプラント歯科で受けるにあたって、患者さんがまず不安に思うのは治療に伴う痛みや不快感などですよね。

こうしたデメリットについては、川越のインプラント歯科のカウンセリングの段階で、インプラント歯科医から患者さんへ、インフォームドコンセントの理念に基づいて説明されることとは思いますが、それでもやはり怖いのは痛みです。

特にインプラント治療には外科的な処置が含まれていますから、それを川越の歯科で受けようが横浜の歯科で受けようが、避けることのできないものなので、患者さんは治療が終わるまではそうした恐怖心にさいなまれることでしょう。

けれども、川越には優秀なインプラント歯科医がいますし、歯科医師は基本的に患者さんにとって痛くない治療を心がけていますので、実際はそれほど気にする点ではないといえます。

とはいっても、患者さんの体の様子や手術の結果によっては、強い痛さが生じる事もありますのでご認識ください。

併せて、麻酔が切れて痛さが生じた時の対処法も提示してくれます。

これは、一般の歯科治療でも同じですね。

無論、なんの処置も施さずに骨にドリルで穴をあけたら、かなりの苦痛が生じます。

▽治療に伴う苦痛が引っかかる!

川越のインプラント歯科の治療に限定しず、どのような医療行為においても、患者さんは痛さの有る無しが気に掛かるものです。

川越のインプラント歯科では、麻酔の影響がどれほどの時で切れるかも、整然と解説してくれる事でしょう。

そんな訳で採り上げるのは、インプラント手術に伴う痛さについて、突き詰めて紹介していきます。

治療のときにどういった苦痛が生じるのか、その上どれほどの程度なのかなどを治療前に詳細に知りたいものです。

けれども、川越の歯科でもそうですが、インプラント手術を実施する場合には、歯茎などに麻酔を作用させます。

処置を加えるところに麻酔を作用させ、苦しみを低減させたり、全く感じなくさせる事ができるです。

その手術メソッドを聞いただけで、強い苦痛が生じるのではと考えがちですよね。

ともあれ、インプラント手術を実施するときには、こうした処置を施す事で、患者さんが極力苦しみを感じないような環境を整えてくれるのです。

特に、歯科治療の中でもわりと大規模な処置が必須になるインプラント治療に関しては、ちょっとでも多くの情報が望む事でしょう。

それだけではあく、インプラント手術においては静脈内鎮静法なども並存する歯科が川越にも豊富にあります。

具体的には苦痛止めの薬を処方してくれる事がおおかたです。

これは体を二分の一眠ったような様子にしてくれるため、インプラント手術の苦しみはおおかた消え去ってしまいます。

麻酔は治療後に絶対その成果が切れます。

言うまでもなく、川越のインプラント歯科では、こうしたテクニックを採用していないクリニックもある事でしょう。

▽麻酔が切れた後の苦しみは?このように、手術中に痛さを感じなくなる事はご習得頂けたでしょうが、第二に気に掛かるのが麻酔が切れたあとの事ですね。

▽インプラント治療における苦痛について

川越の歯科でも行われているインプラント手術では、顎の骨にドリルで穴をあけます。

この薬剤を飲む瞬間も、痛さが出る前であったり、出た後であったりと、綿密に指示してくれる事でしょう。

こういった事から、インプラント手術には普通に強い痛さは伴わないものとお腹積もりください。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
診療時間
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る

最近の記事
ブログアーカイブ

川越インプラントセンター長のブログ