川越でインプラント 治療をするなら最新CTを備えた川越インプラントセンターにお任せください。インプラント治療とMRI検査についてのご案内。治療費、料金等ご相談受付中。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

川越インプラントセンター長のブログ

インプラント治療とMRI検査について

インプラント治療は、その他の補綴治療と比べると非常に優れた部分が目立つ川越の歯科治療ですが、そんなインプラントでも治療後にデメリットとなる点が見受けられます。

それは、人間ドックなどで受ける機会があるMRIで、この検査では強力な磁場を発生させて体内の様子を画像化するのですが、川越の歯科医院でインプラント治療を受けてしまうと、MRIが受けられなくなる可能性も高くなることを知っておいてください。

ただ、基本的には川越のインプラント治療を受けた後も普通にMRI検査やMRA検査を受けられることがほとんどのケースであるため、決して禁忌症であるとはいえず、それほど大きなデメリットにはなりえないといえます。

ただし、それなりの配慮も必要で、インプラント治療というのは、色々な装置の連結体であるから、外せる部分はあらかじめ外しておくという処置が必要となることも、川後の歯科医は説明してくれることでしょう。

現在までMRIを撮影した経験がある方ならわかりますが、撮影の前には金属製の指輪やネックレスなどを一通り外すように指示されます。

もしも川越の歯科で磁石が付随したインプラントを装着した時は、MRIの検査結果に悪影響を及ぼす事もあります。

それは磁石を使用したインプラント装置です。

例え、川越のインプラント歯科でチタン製の人工歯根を埋め込んだとしても、MRI検査を受けられなくなるような事はないのです。

ですので、川越のインプラント歯科でそうした補綴装置を装着するときには、MRI検査についても克明に聞いておきましょう。

こういった補綴物が口腔内にあったとしても、MRI検査を受ける事はできるです。

実のところに、そうした補綴物がありながらMRI検査を受けた事がある方も大勢いらっしゃる事でしょう。

▽電磁波を活用したMRI検査について

ケガをしたり、頭に異常を感じたりしたときには、MRIを撮影する事がありまよね。

なお、インプラント体が検査結果に大きな影響を与えるような事も真っ先にないのです。

▽インプラントでもMRI検査を受ける事はできるのか?

インプラントは、チタン製の人工歯根を埋め込む歯科治療です。

やはりに磁石は電磁波にそれに対し影響が表れてしまうのです。

▽磁石には配慮が必須

インプラントだけではなく、歯の詰め物や被せ物にも金属が使われている事があります。

MRIは電磁波を用いた検査装置なので、金属製のものが近くにあると、検査結果に悪い影響が及んでしまうのです。

ただ、チタンというのは立派な金属ですので、一度埋め込んでしまうと、MRIを受ける事ができなくなるのではと不安になるかと考えます。

そんな訳で気に掛かるのがインプラントです。

もしもMRI検査が受けられなくなるような事があれば、びしっと認識しておく必須があるのです。

川越のインプラント歯科のような箇所でMRIを撮影する事は最初にないかと考えますが、他にのクリニックで検査を受ける場合には用心が不可欠になります。

ですから、川越のインプラント歯科でも、インプラント治療を受けた後にMRI検査を受診する事はできるであると解説している事でしょう。

けれども、その点は心配無用してください。

けれども、川越のインプラント歯科で治療を受けた場合に気をつけなければない事もあります。

月次、川越の歯科でもいろいろのインプラント体を埋め込む手術が実施されています。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
診療時間
川越インプラントセンター外観

TOPへ戻る

最近の記事
ブログアーカイブ

川越インプラントセンター長のブログ