川越でインプラント 治療をするなら最新CTを備えた川越インプラントセンターにお任せください。足りない骨を補うGBR方についてのご案内。治療費、料金等ご相談受付中。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

川越インプラントセンター長のブログ

足りない骨を補うGBR方について

インプラント治療と歯周病との関連については、もうすでに広く知られるようになりましたが、それでもなお川越のインプラント歯科では、川越の患者さまに対して、インプラント治療を受けた後も歯周病には気を付けなければならないという点を繰り返しお伝えしていることでしょう。 なぜなら、歯周病にかかると、インプラントを支えれている顎の骨の状態が悪くなることがあるためで、例えば歯槽骨が歯周病によって吸収してしまったら、せっかく時間と手間とお金をかけて川越のインプラント歯科で埋入したインプラント体が脱落してしまうこともあり得ます。 これはとても残念な現象で、川越のインプラント歯科の歯科医たちはそうした事態は避けるために、繰り返し歯周病の悪影響の大きさを説明していますが、確かに数年、数十年と歯周病を発症させないで健康に暮らしていくというのは、そう簡単なことではありません。 川越のインプラント歯科で行われている治療も、最初に何より、顎の骨のステータスを見る事でしょう。 歯周病にかかっていると、歯茎が下がっていたり、歯の骨が溶けてしまっている事が多々ありますので、インプラント治療を施す事が面倒になります。 GBR法以外にも、不足した骨を補填するような処置は諸々と影響しています。 例を挙げると、川越のインプラント歯科には、歯周病にかかっている患者さんも来院されます。 当然、そういう歯周病の患者さんは、歯周病の治療を受けて、歯茎や骨のステータスが健康になれば、川越のインプラント歯科でも治療を受ける事ができるにあります。 この処置を施せば、時が経過するとともに、自然と骨が形成されていくため、インプラントを安定したステータスで埋め込む事ができるとなるのです。 ですのでは最初に、川越のインプラント歯科で、自ら自分の顎の骨のステータスを調査してみてはどうでしょうか。 インプラント治療では、顎の骨が健康が如何にかがとても肝心な要点となります。 顎の骨の状況がわかれば、どんな処置を施すべきなのかもわかってきます。 あるいは、GBR法といった治療法を用いる事で、インプラント治療を進めながら顎の骨のステータスを改善していく事もできるです。 川越のインプラント歯科でも、患者さんの顎の骨のステータスによっては、このGBR法で不足しているところを補填しているのです。 インプラント治療は非常に高価な経費が必要になる歯科治療なので、諸々と注意深いに進めていきたいものですよね。 インプラントというのは、顎の骨にチタン製のネジを埋める治療ですから、このネジが整然と埋められるような健康な骨でなければならないのです。 さらに、川越に限定しずとも、インプラント歯科は豊富にありますので、各々のお住居の地域で口コミの良いクリニックを探してみてはどうでしょうか。 GBR法とは、川越のインプラント歯科でも行われている治療法で、不足している骨を人工膜などを用いて回復させるための処置です。 今の時代では、心理コンサルタントや前もっての検査をフリーで行ってくれるインプラント歯科も川越には増加してきています。 このように、歯周病であったり、顎の骨のステータスが悪い方は、スタート出来からインプラント治療を放棄してしまうのは宝の持ち腐れだといえます。
ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
診療時間
川越インプラントセンター外観

TOPへ戻る

最近の記事
ブログアーカイブ

川越インプラントセンター長のブログ